Twitter



« 総合政策委員会 | メイン | 北方領土対策特別委員会 »

2013年9月 4日 (水)

早朝勉強会

9月4日午前7時30分
ホテルエルムサッポロで、北海道未来創造研究会で開かれました。本日のテーマは「IR(統合型リゾート:Integrated Resort)について」です。IRとは、カジノ、コンベンション、展示場施設、宿泊施設、ショッピングモール、その他さまざまなアメニティー施設を含む複合観光・集客・商業施設(MICE機能を含む)などの複合観光施設をいいます。
MICEとは、Meeting(会議・研修・セミナー)、Incentive tour(報奨・招待旅行), Convention またはConference(大会・学会・国際会議), Exhibition(展示会)の頭文字をとった造語で、ビジネストラベルの一形態を指す。一度に大人数が動くだけでなく、一般の観光旅行に比べ参加者の消費額が大きいことなどから、MICEの誘致に力を入れる国や地域が増えている。日本でも、国のインバウンド振興策に連動し、自治体による海外向けの誘致活動が盛んになっている。(JTB総合研究所)

現在国会では、超党派の国際観光産業振興議員連盟(IR議連:140名)が中心となって、今秋の臨時国会に議員立法での法案を提出し、早期成立を目指すことで一致しています。
法案の考え方は、区域を国が指定し、数量は限定する。構想は地方自治体に、その実現は民間主体に委ねる。規制と監視は国の機関を創出し、国が健全性・安全性を担保する。法律施行後、2年以内を目途にIR推進のための必要な法律上の措置を講ずる。
また日本維新の会は6月に「特定複合観光施設区域の整備の促進に関する法律案」を衆議院に提出しています。IR議連との違いは、施行後1年以内という点です。
道内では、釧路市、小樽市が積極的な活動を展開しています。

20130904_085428

20130904_081945

サイト内検索 powered by Google

最近のコメント

| HOME | 事務所案内 | 意見・質問 | サイトポリシー | 個人情報対策 | サイトマップ |


 事務所所在地: 北海道根室市梅ヶ枝町3丁目29番地
 当サイトの内容の分断転載を禁止します。
 Copyright©2013 Munenobu Matsuura All Rights Reserved.