Twitter



7.ちょっと一言

2011年3月24日 (木)

初の試み 合同個人演説会

 根室市では初の試みとして、合同個人演説会が開催されることとなりました。主催する団体は各後援会となりますが、演説会を提案したのは、教育問題などを考える市民グループです。開催日時は、告示後の4月6日(水)午後7時から文化会館大ホールを予定しています。

 

 私は、東北地域太平洋沖地震で、選挙運動を自粛をすることとし、今までの選挙カーでの連呼ではない新しい形を模索しなければと考えていました。
 このようなパネルディスカッション的演説会は、他地域では行われていましたが、それぞれの基本的な姿勢や政策について有権者の皆さんにじっくりと聴いていただけるいい機会であり、大歓迎です。

 

 テーマは、大きく「地域振興、医療問題、教育問題、北方領問題」の4つで、いずれも根室市にとっては大変重要な問題です。
私にとってはいずれの問題も、この4年間で取り組んできた課題ですので、今後の課題を含め、どのように取り組んでいくか明らかにしたいと思います。

2010年11月10日 (水)

イチョウの葉の絨毯

 昨夜の強い風雨で、旧道庁赤れんが東門へ向かう歩道は、イチョウの葉で埋め尽くされていました。雨が降っていましたが、敷き詰めたイチョウの葉があまりに見事だったので思わずシャッターを切りました。

1110e98193e5ba81e4bb98e8bf91400x299

2010年10月13日 (水)

総合内科医養成研修センターについて

 今日の道新に、「総合内科医養成研修センター」に16か所の医療機関が指定されたとの報道がありましたが、先週の保健福祉部地域医師確保推進室からの説明では、市立根室病院については、申請が出されていないとのことでした。

 今年の3月に、研修体制の強化ということで「協力型臨床研修病院」の申請や「総合内科医養成研修センター」指定の検討などという記事が道新根室版に出ていたと記憶しています。

 その後の状況については承知していませんが、この事業では、運営支援事業費補助金が交付され、研修医も比較的幅広く業務ができるので、指定を受けることは、医師確保対策としても有効な手段です。

 指定要件を満たすことや対象となる研修医を確保するなどハードルは高いですが、診療体制の充実や現在の経営状況を考えると十分検討に値する課題だと考えます。

 今後、追加の申請を受け付けるとのことですし、振興局・保健所からの情報提供もあるので、ぜひチャレンジしてほしいものです。

 

2010年9月16日 (木)

自民党・政審 第3定例会代表質問取りまとめ

 明日の代表質問に向けた質問作成の最終調整に入りました。昨日までの2日間は、朝9時から午後9時まで各部とのヒアリングや内部議論などに努めてきました。今日も午後8時くらいまではかかるでしょう。

0916400x300

机の上は、代表質問関連の書類の山となっています。

2010年6月14日 (月)

週末の出来事2 ~芭蕉同窓会札幌支部~

 11日は、午後6時から芭蕉同窓会札幌支部の総会&懇親会が開かれましたが、議会の時間が延びたため、30分遅れの出席となりました。懇親会には、50名ほどが参加し、ふるさと根室の話に花を咲かせていました。

0611e88aade89589400x300

世代ごとに校歌(高等女学校・旧制商業学校、新制高等学校)を歌う参加者

2010年6月 2日 (水)

順次報告します。

 先週から今週に開けてハードな日程の中、保健福祉委員会の道内視察、四島交流事業で色丹島への訪問などに参加し、常任委員会と特別委員会へと突入しました。
 また、第2定例会に向けての自民党・政策審議委員会の代表格質問の質問骨子の検討など並行して進めています。
 そのため、保健福祉委員会の報告も途中になり、色丹島訪問の報告もまとめている段階ですので、順次アップしていきたいと思います。(弁解多し)

2010年5月26日 (水)

激励会

 昨夜の夕食会は、派遣道職員の「激励会」となりました。 
 夕張市は、財政再生計画の下、実質赤字322億円を17年間で償還すべく、大変厳しい財政再建に取り組んでいます。
 現在、知事部局11名、教育局1名の計12名の道職員が、夕張市に派遣されています。昨夜はそのうち8名が参加し、一緒にテーブルを囲みました。
 参加の皆さんから、夕張市における現在の職務と派遣前の道の所属などの紹介があり、いろいろなご苦労があるとのことですが、ぜひとも頑張っていただきたいと強く感じました。

2010年5月20日 (木)

FMねむろ 番組収録

 昨夜、地元コミュニティーラジオ局FMねむろの番組「ちょっと大人のいい話」の番組収録がありました。この番組は、パーソナリティーとして地元信金に勤務されている倉又一成さんとのトーク番組で、月に1回放送されています。
 具体的なテーマはありませんが、45分間の番組なのでおおよその時間配分を決めなければなりません。そのため収録前に話の内容・進め方について簡単な打ち合わせをします。
 倉又さんからの出演依頼のときに、「道政報告的なもの」という”ばふらっと”したイメージだったので、本年度の道の重点政策である「食クラスター」について話すことにしました。それと関連して、先日自民党政審で視察に行った22の道立試験研究を統合して4月からスタートした「地方独立法人北海道総合研究機構」についても触れることにしました。

0519e58f8ee98cb2400x300

収録風景 右:倉又さん

 倉又さんと私は平成11年に発足した「根室産業クラスター創造研究会」のメンバーで、平成15年にはタラソテラピーの視察のため、一緒に北フランスを訪問しました。トークの中ではその時の様子も織り交ぜながら、話を進めました。また今月末に今年2回目のビザなし交流事業で、色丹島を訪問しますので、北方領土返還運動の抱えている課題についても話をしました。

121021e38392e382a2e383aae383b3e382b

2003年 視察の一コマ 
ル・ノルマンディ機能回復訓練海洋センター (ノルマンディ地方・グランビル)
二人とも若い(名誉院長のバドロン博士、通訳・Kumiko Brochierさん)

FMねむろ  放送日:5月26日(水)午後2時  再放送:5月29日(土)午前10時

2010年5月19日 (水)

我が家の桜も開花

 昨日、桜前線もようやく根室に到達しました。根室は桜前線の終着点として知られていますが、平年より2日早く、稚内、釧路がまだ開花宣言が出されていないため、最終点とはなりませんでした。ただ根室半島の納沙布岬でのチシマザクラの開花は2週間後と予想されています。
 開花を宣言した根室測候所は今年10月に廃止されるため、1960年に始まった開花宣言は50回目で役割を終えることとなりました。

0519e38381e382b7e3839ee382b6e382afe

チシマザクラ

0519e382a8e382bee383a4e3839ee382b6e

エゾヤマザクラ

2010年4月17日 (土)

追加耐震化交付金 満額配分

 本年2月に「地域活性化・公共投資臨時交付金」が措置されることになり「医療施設耐震化特例交付金」事業も対象となったことから、34.5憶円(耐震化)の9割=31億円(公共)が新たに措置されることとなり、この度その配分が決定されました。
 昨年11月に配分された経緯は、要望があった18病院のうち、第Ⅰ区分である災害拠点病院(浦河日赤、市立根室)と第Ⅱ区分である市町村唯一の病院(池田町立、鹿追国保)の4病院を優先的に配分し、残る14病院のうち、救急医療の実績が上位6位の病院に対して一定割合(約4割)を配分しました。

 

 追加の配分については、協議機関である北海道総合保健医療協議会の分科会である地域医療委員会の意見を踏まえ、決めることになっていましたので、前回採択漏れになっていた8病院の取り扱いが焦点となっていました。
 最終的には、この8病院が辞退したため前回同様10病院に配分することになりました。

配分一覧表(北海道保健福祉部)

 配分決定の報告を受けて、正直ホッとしました。当初、道保健福祉部との意見交換では、配分の方向性が中々見えませんでしたが、早い段階で8病院の内2病院は辞退する模様であり、残りの6病院については意向調査を進めているとのことでした。
 また新たに対象となるには国へ対象医療施設の申請が必要で時間的な余裕がないことや新年度に入り各病院の改築等の予算措置に難しさがあるなどの細かい情報が入るにつれ、今回も前回の10病院に絞られるのではないかと感じていました。しかし、実際に満額配分が決定したことには、期待はしていましたが少々驚きました。

 今後は、最終的な「起債計画書」策定へ向けて北海道との厳しい折衝が続きますが、この交付金決定を契機に新たなスタートとして、新築への議論を進めなければなりません。

サイト内検索 powered by Google

最近のコメント

| HOME | 事務所案内 | 意見・質問 | サイトポリシー | 個人情報対策 | サイトマップ |


 事務所所在地: 北海道根室市梅ヶ枝町3丁目29番地
 当サイトの内容の分断転載を禁止します。
 Copyright©2013 Munenobu Matsuura All Rights Reserved.